借金相談無料!借金の弁護士比較

無料借金相談!借金の弁護士比較ランキング

債務整理ブーム到来かのように最近ですと任意整理、個人再生、自己破産などの借金返済方法が世の中に浸透しているように思えます。CMや広告で知った方も多いと思いますが、過払い金返還請求についても知っている!という方は多いはずです。

 

お金を借りることは決して悪ではなく、デメリットばかりではありませんが家計や生活を考えると1つの問題点になることは間違えないのではないか?と思います。消費者金融からの厳しい電話・督促、さらには取り立てに悩まされているのであれば間違えなく専門家である弁護士・司法書士に即日で借金相談を申し込むべきであると思います。この分野においては出張無料相談を実施しているケースもありますので、ゼロ円で悩みを打ち明けることができカウンセリングをしてもらうことも可能になっています。借金返済は相談するところからスタートするべきなのです。1人で考えていても賢く上手に返済の方法を思いつくのは専門的な法律の知識が無い一般の方であれば難しいですし、勉強するとしても掘り下げる知識まで取得するには莫大な時間がかかります。コストパフォーマンス・時間対効果を考えると分からないことを聞いてしまうのがベストであると考えられます。

 

当サイトは借金苦に悩まされている方、辛いからどうにかしたい方を全力でサポートしてくれる借金問題のスペシャリストを紹介しているサービスになります。各コンテンツページにおいては比較表・さらには「おすすめランキング」、法律事務所・法務事務所の評判・口コミ評価、さらには2ch噂・体験談などトータル的に解説しているので初めて解決策をお探しの方でも安心できるように分かりやすく・簡単に説明していますので、どうぞご利用くださいね。

 

まずは解決の糸口になる借金返済の手続きを下記にまとめましたので、ご覧くださいませ!初めて聞く言葉もあるとは思いますが、シンプルに説明しているので分かりやすいと思います。

 

いろいろな情報を聞きたい・知りたい場合についてはインターネットで調べるより直接借金相談をする方が早いので、電話・メール等でさっそく行動に移してみるといいと思います。

 

債務整理の方法は4種類あります。

 

債務問題を一刻も早く解決したいと思う方は必見の借金返済の方法を紹介します。冒頭でも紹介しましたが、多重債務で悩まされている方は下記の借金整理である4つの種類について覚えておきましょう!

  1. 任意整理
  2. 個人再生
  3. 特定調停
  4. 自己破産

それぞれの特徴について簡単に紹介していきたいと思いますので、解決策を探している方については自分はどの手続きが対象になるのか?照らし合わせてみることをおすすめします。

任意整理

 

①裁判を通さない交渉
②話し合いで解決する方向性
③財産を処分しないで借金を減らす手続き
④債権者の同意が必要

 

借金は返済したいけどマイホームなどの財産は手放したくない人におすすめの手続きになります。裁判を通さないで進めることができる債務整理の1つですので、比較的言えば本人の負担が少ないことがメリット・利点に挙げられるケースが多いとされています。最終的に借金返済義務は残りますが、このままでは利息の負担等で支払が滞ってしまう場合などの対処方法として有効であると言えるでしょう。また、破産名簿・官報への掲載は無いが、信用情報機関への登録はあるなどのデメリットも存在する点は覚えておきたいところではあります。詳しい内容については弁護士相談でいろいろ聞いてみるべし!

 

特定調停

 

①簡易裁判所で手続き
②調停で決定する
③支払不能になりそうな方が主な対象
④概ね1ヶ月程度で解決する例が多い
⑤利息制限法の引き直し

 

専門的な知識がそれほど必要ないので、自分1人でもそれほど難しくはない手続きになります。他の債務整理である任意整理、個人再生、自己破産+過払い請求については専門家への依頼を推奨している当サイトではありますが、特定調停については一度借金無料相談をした後に理解することができれば自分でやるのが費用・料金を計算して考えても安い・格安できることを考えても魅力的であると言えるでしょう。特にお金の返済に困っている訳ですので、できるだけ値段・価格を抑えたいというのが心情であると思います。債権者と交渉する件についても調停委員が仲介してくれるのでストレスが少ないと考えられます。

 

個人再生

 

①地方裁判所に申し立
②車・住宅等の財産処分は原則なし
③債務を5分の1免責
④債権者の過半数の同意が成立要件
⑤裁判所の決定

 

任意整理と比較すると借金返済能力は低い方が取る手続き方法になります。債務を大幅に減額されるので借金の支払いが楽になるのが最大の特徴になります。財産の処分はしたくないけどどうにか解決したいと模索している人にはピッタリになります。しかし、減額するメリットもありますが、信用情報機関・官報へ掲載されるなどブラックリストになり、借入が今後はできなくなる可能性もある。

 

自己破産

 

①債務整理の最後の手段
②警備員・士業(税理士など)一部の職業に一定期間就けない
③全ての債務が免責される(支払義務が無くなる)
④財産を処分する必要がある(但し1円足りともという訳ではなく、一部は残すことができる)

 

自己破産は任意整理、特定調停、個人再生などの債務整理で解決しない時の最後の砦と考えると分かりやすいと言えるでしょう。職業・資格制限、ブラックリスト、マイホーム・車売却など数々のリスクはありますが、借金から解放され、新しい人生のスタートを切ることができると考えれば圧倒的に魅力的であると言えるでしょう。借金で命を絶つ日本人は多いと言われていますが、そんな必要は全くなく、解決方法についてはいくらでもあることを知っておいてください。もし、無駄なプライドが邪魔をしているのであればそんなものはさっさと捨ててしまい、借金返済の相談を早急にするべきです。

 

過払い金返還請求って何?

ここまで債務整理手続きについて解説してきましたが、最近CM等のメディア露出が激しいと言われている過払い金請求って何だろう?とぼんやり気になっている人も多いのではないでしょうか?深刻な借金問題を抱えている人が対象になるのであって、私には関係の無い話しと思っているのであればそれは大きな間違えであると言えます。例えば今は成功者になりお金持ちと呼ばれている富裕層の方であっても、昔に複数の消費者金融等から借り入れをしていた方であれば過払い請求の対象になる可能性は十分にあるのです。

 

なぜなら過払い金請求とは払いすぎた利息を取り戻す手続きになるからです。簡単に言えばこれまでに借金をした方がある方の中には本来支払うべき利息以上に返済していたケースが多いのです。出資法(最高利率年29.28%)、利息制限法(最高利率金額によって年15~20%)の差額であるグレーゾーン金利が主に返還の対象になる訳です。但し、過払い金は時効等もありますので、これまでに借金をした経験を持っている方であれば返済が終了していても対象になるケースもあるので、調べてみるのも1つの手です。

借金問題に強いのは弁護士・司法書士どっち?

 

借金返済の手続きを依頼するのであれば個人的には弁護士がおすすめになります。

 

理由は簡単で債務整理において司法書士では一部制限が掛かる場合があるからです。

 

ちょっと得意分野を表にまとめてみましたので、ご覧ください。

 

◎:おすすめ、〇:依頼できる、△:制限が多い

 

債務整理種類

弁護士

司法書士

過払い金

任意整理

特定調停

個人再生

自己破産

 

過払い金請求に限って言えば弁護士と司法書士で悩む余地はあるかと思います。特に過払い金額が少ない場合ですと司法書士の方が支払う報酬が少ないケースが多いので、コストパフォーマンスを意識するのであればメリットは大きいのではないか?と思います。格安・安い費用・料金で処理をしたいのであれば、任意整理~特定調停辺りまでなら基本的に司法書士(法務事務所)を視野に入れておくといいでしょう。ただ、借金返済金額が大きくなると裁判の代理権等の問題も出てきますので、過払い金以外の手続きについては弁護士に相談する方が個人的には得策であると思います。

 

無料借金相談するメリットは大きい

 

こうしたお金にまつわる手続きを専門家に任せると高い報酬を支払わなければいけないと抵抗を持っている人もいるみたいですが、弁護士や司法書士についてもそれほど鬼のような請求はしてきません。

 

今後の生活を見据えた料金・費用体制になっているケースがほとんどです。逆に無料で借金相談を受け付けている法律事務所・法務事務所が多数あるので、それを利用しない手は無いでしょう。具体的に今後どのような対策をすればいいのか?自分はどの債務整理をすることが最もメリットがあるのか?など具体的に専門知識を交えてアドバイスを一度してもらうことをおすすめします。無料で借金返済の方法を教えてくれる訳ですから、インターネットと書籍等で勉強する手間も省けるのでメリット要素は多いですからね。

 

初めての方は借金診断シュミレーターを推奨

 

当サイトが一押ししているのが街角法律相談所になります。簡単に言えば自分の現在の借金状況を調べることができ、それに適した弁護士・司法書士を探してくれるサービスになります。特徴については下記の通りになりますので、是非積極的に利用してみてくださいね!

  1. 完全無料
  2. 24時間受付(早朝~深夜でもOK)
  3. 住所・実名の入力は必要なし!匿名OK

それでも解決率は脅威の80%!簡単な質問に答えて借金診断をしてみよう!

更新履歴